Peony Garden



手作りの枇杷

昨日の父の日、実の父親にはかなり前もってデジカメをプレゼントしたのですが、
もうひとり父のような、母のボーイフレンドのおじちゃまに、
TAKEO KIKUCHIのシャツなど送ってみた。おばちゃまにはコーチの携帯ストラップ。
父と母が出会う前から、母とは知り合いで、ご自身には息子さんしかいらっしゃらないことから
わたしはちいさいころからほんとうに大事にかわいがってもらった。

三重で梨園をされていたのだが、今は引退して悠々自適。

昨日の夜、さっそくお礼の電話があって、「ちょうど庭の枇杷がなってるので送るわ」と。

箱にいっぱいの枇杷。ひとつづつ袋がけしてあって、大きな実に感激。

おばちゃまのお手作りの貝の口(小物入れ)も入っていて、添えられていたお手紙に
「いつも心暖かいプレゼント、娘がいないわたしには大変うれしく思います」と書かれていて
わたしもうれしかった。

うちの母は友達にとても恵まれていて、私が着物のお仕立てをお願いするおばさまも
母代わりのようなもの。
自分では着物を着ない母は頼りなく、娘のないおばさまはまるで娘にするように
私の着物の相談に乗ってくださる。

これも母に感謝するべきなのかな。
d0011333_23401746.jpg

[PR]
by peonypeony | 2005-06-20 23:41 | おいしい
<< またしてもしみづ 免許もらえました >>


たのしい、きれい、おいしい
カテゴリ
全体
たのしい
きれい
おいしい
プレゼント
日々のできごと
その他
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧